ホーム  >  会社概要  >  環境保全への取り組み   


現在の地球環境問題に対応するには、経済社会活動のあらゆる局面で環境の負荷を減らしていかなければなりません。
そのためには、規制に従うだけでなく、自主的且つ積極的に環境保全の取り組みを進めていくことが求められます。
環境マネジメントシステムは、そのための有効なツールです。

環境マネジメントシステムとは「環境保全」・「汚染の予防」ための環境方針を定めて、それを達成するために体系的に
実行する仕組みのことです。


リサイクルの機運が高まっていた平成7年、周南市栗屋奈切の当社所有地にコンクリート塊も処理できる再生資源化施設を
併設した最新型のアスファルトプラントを建設しました。その当時周南地区には、コンクリート等の再生資源化施設がなく、
当社としても困惑していました。平成9年には、リサイクル推進協議会より賞状をいただきました。また、平成13年には、当
社の再生舗装材、再生アスファルト骨材が「山口県認定リサイクル製品」として認定されました。平成18年には、中間処理
工場が高再資源化率達成施設として「山口県エコ・ファクトリー」に認定されました。




アスファルト舗装を改修または取り壊しする際に発生するアスファルト塊を、再資源化施設で破砕フルイ分け等を行い、
再生骨材として製品化します。再生骨材は、アスファルト舗装合材の材料である再生加熱アスファルト混合物に混入して
道路舗装工事等に広く使われています。


当社の再生クラッシャランは、工事現場等でコンクリート構造物を解体する事により発生するコンクリート塊を、再資源化施
設に受け入れ木片等の不純物を取除き、クラッシャーにて破砕・選別・フルイ分けを行い、適正な品質管理のもとで製造し
ています。再生クラッシャランは路盤材・基礎砕石・裏込め材として公共工事はもとより、民間工事にも幅広く使用されてい
ます。


アスファルトコンクリート塊 再生骨材 コンクリート塊 RC-40 再生骨材